元中日の井端弘和。巨人に入団決定

元中日の井端弘和。巨人に入団決定。
中日から1億円を超える大幅減棒を提示され、退団した井端弘和内野手が、巨人に入団する事が11月21日に決定しました。悩みに悩んだ末での現役続行です。


井端と言えば、WBCでは556という打率を叩き出し、チャンスに強い男という印象を植え付けました。アライバとして中日の黄金期を担っていた時の巧打を、世界相手に見せつけました。台湾戦での活躍は伝説となっています。

しかしながら、中日でのシーズン成績は低迷。落合GMからから突きつけられた提示額にはサインをしませんでした。元々井端は、川崎市出身であり堀越高校、亜細亜大学と東京で暮らしていましたので、地元に戻る流れとなります。

巨人のセカンドでは日本シリーズでホームランを放った寺内、他、脇谷や中井が居ます。しかし、守備力の面では井端と言えば中日ファン以外でも知っている守備職人です。

今年10月に2度の手術も受けており、リハビリも順調であるという井端です。本来の粘り強さ、チャンスメーカーであり、得点圏に強い。大舞台での経験、メンタルの強さ等、まだまだ終わっていない選手である事は明白です。

来季の中日対巨人戦は盛り上がること間違いないでしょう。低評価を受けた中日に対し、本来の実力で巻き返しを図ってもらいたいものです。中日の若い投手陣との対決も見ものです。

中日ファンにとっては複雑な心境だと思いますが、まだ彼のプレーを見れる事が、一番嬉しい事ではないでしょうか。いぶし銀のバッティングを期待しています。