マリナーズ岩隈投手。シーズンラスト、14勝目!

マリナーズ岩隈投手。シーズンラスト、14勝目!

元、東北楽天イーグルスの不動のエースであり、過去のWBCで他のピッチャーが安定しない時にも大活躍を見せていた現マリナーズの岩隈投手が、今期14勝目を果たしました。


岩隈は8回を投げ4安打無失点という素晴らしい成績。
球数は101、9奪三振という文句の無い内容。マリナーズも6点をロイヤルズから
もぎ取り、快勝を果たしています。

初回は3者とも内野ゴロに打ち取ります。2回は2アウトからマクスウェルにツーベースを許しますが、連打は浴びずホームを踏ませません。

3回にも2アウトに追い込みながらも、ゴードンにライト前に運ばれますが、ボニファシオを見事な制球で空振り三振に打ち取ります。非常に落ち着いて見られる投球内容でした。

4回は出しては行けない先頭打者ホズマーにレフト前に運ばれますが、ショートゴロからのダブルプレーで見事に切り抜けました。

5回には1アウト2塁のピンチを迎えますが、またもショートライナーに打ち取りダブルプレーで危なげない好投。

そして6回7回と3者凡退に打ち取ります。
8回、ツーアウトからこの日一つ目のフォアボールを許すもののエスコバルを空振り三振というお見事としか言いようの無い投球内容でした。

この日はロイヤルズに対し三塁を踏ませておりません。
連続無失点記録は23イニングとなり、防御率は2.66とし、ア・リーグ3位として岩隈の今シーズンは終了しました。

成績を見ればメジャーリーガーとしては日本人先発として最高の記録を残し、
流石は岩隈と言った所です。今季ラストの登板としては非常に気持ちの良い締め方をしてくれたと思います。

来季も是非とも日本の誇るスーパーエースとしての活躍を願います。