ボクシングIBF世界王者、亀田大毅「負けた」のに「世界チャンピオン」

ボクシングIBF世界王者、亀田大毅「負け」たのに「世界チャンピオン」
12月3日ボクシングIBFスーパーフライ級世界王者「亀田大毅」と元WBA同階級世界王者「リボリオ・ソリス」の試合が行われました。

テレビや各メディアも大毅選手が負けた場合は世界チャンピオンのベルトを失うと決めてありました。テレビでも放映されています。しかし、判定負けしたにも関わらず、試合後直ぐにIBF側は「ベルトは保持したまま」とルール変更する横暴に出ました。


この試合は本来はWBAの王者ソリスとIBFの王者大毅の世界チャンピオン同士の戦い「統一戦」でしたが、ソリスが計量(体重を測る)で規定値を上回ったため、ソリスは王座を剥奪されました。

ですからベルトを持ってない選手(ソリス)とIBF王者(大毅)の試合となり、実質「統一戦」と呼べるものではないという意見もあります。

この試合が始まる前に、ソリスは勝ってもベルトは戻らない。ソリスが勝った場合、大毅選手はチャンピオンベルトを失う。引き分けだった場合は、大毅選手はベルトを保持したままというルールを団体はかなり前から決めていました。

それにも関わらず、大差の判定負けをした大毅選手に対し、急遽IBF側は「ベルトは保持したまま。」という不可解な行動に出ました。

また前回の亀田興毅選手の防衛判定ではTBSに5万件の苦情の電話が殺到したため、今回は救済措置として、TBSHPにて、「詳しい事はWBA、IBFにお問い合わせ下さい。」という見事な逃げ口を作りました。

そしてついにボクシング界のスーパースター「長谷川穂積」選手も「この結果には納得がいかない。負けたのにベルト保持はおかしい。」と声を高らかに宣言しました。今まで沈黙を守ってきた現役ボクサーや関係者達もこぞって非難をし始めています。

負けてもベルトを失わない試合ならやる意味が全くないです。そんなものは競技でもないし、スポーツでもないですし、格闘技とは言えません。このままではボクシング界はかつてのK-1の様に誰も見向きもしなくなるでしょう。

こんな勝手なルール変更。疑惑の判定だらけの世界戦だらけでは、死に物狂いで練習して八百長無しの試合を行っている「本物のプロボクサー」達が可哀そうです。