楽天、田中将大。三木谷オーナーポスティング認めるも・・・。

楽天、田中将大。三木谷オーナーポスティング認めるも・・・。
日本プロ野球界トップの実力を誇る東北楽天イーグルス「田中将大」投手のメジャー移籍を、楽天のオーナー三木谷氏が認めました。しかしながら、メジャー移籍は確定していません。


三木谷オーナーの発言は3度変わっています。最初はメジャー移籍を容認し、その後20億では移籍させられないと発言。そしてまたマー君のメジャー移籍を容認しました。

その背景には「マネー問題」が関わっています。純粋にプロ野球ファンからすれば、メジャーで登板するマー君の姿を観たいと願います。しかし、20億円という額での移籍なると楽天のビジネスとしてはマイナス要素しかありません。

当初、マー君には100億円の入札額が提示されると予想されていました。しかし、メジャー側は厳しい査定の20億円。ダルビッシュも言っていますが、日本でどれだけ凄い結果を残していても、メジャーではあまり関係がありません。

それだけ日本のプロ野球のレベルは低いという認識を持たれています。三木谷オーナーの発言が二転三転し、今回移籍を容認したのは、「楽天」という企業のイメージが悪くなるからです。ビジネスの面では20億円と言う提示額は非常に苦しいです。

ですが、ファンからすればまだ若く、これだけの実績を残した選手をなぜメジャーに行かせないのかという、「楽天にとって悪いイメージ」を持たせてしまうからです。一般の野球ファンはマネーゲームに興味はありません。

このままだと年内はおろか年を越してからも、マー君の移籍問題はもつれこむ事必死です。

中には「もう1シーズン」日本でプレイしてからという話も出ていますが、今年これだけの成績を残した選手が、来シーズンも良い成績が残せるとは限りません。もしそこで怪我をしたり、スランプに陥れば、更にマー君の価値が下がる事になります。

野球に限らず、サッカーの移籍金、ボクシングのファイトマネー等、マネー合戦はファンにとっては、あまり聞きたくない話です。スポーツをビジネスにするのは当たり前の風潮ですが、一番大切なのは実力のある選手達の要望を叶えてあげる事ではないでしょうか。