山中、4連続KO防衛狙う。最強と名高いローマン・ゴンザレスも試合!

山中、4連続KO防衛狙う。最強と名高いローマン・ゴンザレスも試合!jpg

 

大阪帝拳ジム所属のWBC世界バンタム級王者山中慎介が、
同級8位にランキングしているアルベルト・ゲバラと5度目の防衛戦を行う事が9月26日に発表されました。

試合は11月10日を予定。

そしてあのロマゴンもノンタイトル戦を行います。

山中は、バンタム級で誰が最強かを決めるため、他団体チャンプである
モレノ、亀田興毅、亀田和毅との統一戦を熱望していましたが、
やはり亀田兄弟とは試合は組めず、5度目の防衛戦となりました。

「神の左」で前試合では一撃で相手を粉砕した山中は、
次の防衛戦でもKOを宣言。実現すれば4連続KO防衛となります。

他にも見所はありますが、一番衝撃的であるのは、井岡が逃げたとまで言われる程の
実力者WBA世界ライトフライ級スーパー王者、ローマン・ゴンサレスの来日です。

通称ロマゴンである彼は、屈指のハードパンチャーであり、王者より格上である
スーパー王者の位置にいます。井岡程の実力者がなぜロマゴンと戦わないのか、
そこには大人の事情があるのでしょう。

しかし、そのロマゴンがノンタイトルとはいえ、日本に来日し、誰かと試合を行うと言うのです。これはリナレスの3階級制覇や、粟生隆寛の試合よりも大注目となる事間違いないです。

山中は統一戦を諦めてはいません。まずは5回目の防衛を果たしてから、統一戦を気長に待つつもりのようです。しかし、亀田陣営とのマッチメイクは不可能だと思います。何と言っても山中はハードパンチャーだからです。

一発がある選手とは組まないのが今までの亀田三兄弟です。
山中はモレノと統一戦を行うのが、一番盛り上がると思われます。