楽天マギー。マーリンズと契約確定。楽天戦力ダウン。

楽天マギー。マーリンズと契約確定。楽天戦力ダウン。
東北楽天イーグルスの優勝の立役者の一人であった「ケーシー・マギー」内野手が大リーグのマーリンズと1年間の契約を結んだことが、18日に分りました。


「東北を愛している。」そう明言し、「アンドリュー・ジョーンズ」と共に主力打者として楽天を引っ張り、投手が不調に陥っていると、自ら声を掛けに行くという紳士的な選手であり、シーズン中も30本近くのHRを放っていた名選手です。

楽天との契約が切れ、自由契約となっていたマギーは、一度家族の元に戻りました。楽天側としてはもう一度マギーと契約を結びたいという意思が強かったようですが、やはり野球選手、そして家族が大切という事で、メジャー入りを選んだのでしょう。推定年棒は1億1千万円とされています。

マギーは楽天でまだプレイしたいとコメントした事もありましたが、やはり野球選手ならば、年棒が安くても世界最高峰のリーグでプレイしたいという気持ちは分ります。年齢も31歳。野球選手ならばベテランの域です。

マギーがメジャーに戻った事で、楽天のもう一人の助っ人外国人、アンドリュー・ジョーンズのツテで、また大物助っ人外国人を連れてきてもらえるのかどうかが気にかかります。

どれだけマー君や則元、美馬、他の選手の功績があっても、この二人の助っ人外国人が居なければ、楽天の優勝は無かったでしょう。

それでも日本を愛し、東北を愛し、チームを愛してくれたマギーには、新天地でHRを大量生産して、メジャーでの大活躍を願いたいものです。