ACミラン入団の本田圭佑。現地での入団会見生中継。

ACミラン入団の本田圭佑。現地での入団会見生中継。ACミランに加入が決定した日本代表MF「本田圭佑」選手の入団会見の模様が1月8日、現地で生中継されました。本田はACミランに対しての熱い思いを、英語で語りました。サッカーファンならずとも名門として名高いミランで、彼は何を語ったのでしょうか。

「夢は追い続けていればいつか叶う」

それを証明したのが本田圭佑です。彼は小学校の作文で「将来の夢はプロサッカー選手となりイタリアのセリアAで活躍する事」と書きました。当時、周囲の人達はどれだけ本田がサッカー選手としての素質があっても、無理だと思ったでしょう。

本田自身、作文で「夢」であった事を語り、そしてそれが現実となった事を、感慨深い表情で記者たちに語りました。これは今、プロサッカー選手を目指す子供達にとって、とても大きな原動力となったに違いありません。

そしてもう一つ大きく語っていたのはポジションについてです。本田は「トップ下で活躍したい。」そう言いました。トップ下は自身の力で点を取りに行くポジションでありながら、ゲームメーカーでもある大変大きな役割を果たさなければいけません。

ミランでキャプテン番号「10」を付ける事になった本田は、現在トップ下である「トレクアルティスタ」とのポジション争いになります。又、ミランにはカカやバロッテリという世界トップレベルの選手も所属しています。本田は彼らの事を称賛し、学べる事を学び、一緒にプレー出来ることの喜びを口にしました。

日本のサッカーファンは「本田がピッチに立つまで信用出来ない」とまで言っていました。それ程までにACミランというクラブは歴史ある名門クラブです。そこで10番のユニフォームを着て、世界最高峰のリーグで戦い抜く日本人選手が現れた事は、歴史的快挙です。

現在ミランはリーグ順位11位と低迷していますが、クラブの方もこれ以上の補強は無いと言っており、本田に対する期待が大きい事が伺えます。攻撃、アシスト、守備、全てをこなすと語った本田。長友、香川に続き、歴史に名を残す日本人プレイヤーとしての活躍を期待します。