ACミラン本田にファン憤怒。サポーターに対応無し。

ACミラン本田にファン憤怒。サポーターに対応無し。
ACミランに移籍した日本代表MF本田圭佑選手が、1月8日、初練習の後に正面ゲートに集まっていた20名のサポーターを、完全に無視して車で走り去っていったという報道がされました。


同チームメイトとなる世界トップクラスの選手、MFカカー、FWマトリ、MFデヨングらであっても一度車を停車して、サインや写真撮影に応じています。完全無視の本田に対してファン達からは罵声も飛びました。

同じイタリアのリーグ、インテルでプレイしている日本代表DF長友佑都選手はファンを大切にする事で有名です。長友は本田に対し「悪いプレーをすれば、日本とは比べものにならないくらいの悪評を受ける。」というアドバイスをしていますが、ファンサービスもとても大切です。

本田は初練習で疲れていたのかもしれないですし、何か大切な用事があったのかもしれません。それでもファンを大切にしない選手は、どれだけ一流のプレーをしても「トップスター」とは呼ばれません。

格闘技にはあえて悪役を演じる人もいますが、サッカーはチームプレイ、フェアプレイがメインであり、実力はさることながらファンに愛される事も「一流」の証です。ネット上では「天狗になっているのではないか。」「勘違いしている。」という批判の声が上がっています。

特に海外のリーグはサポーターの声援が凄いです。本田がサポーターに悪い印象を持たれると、サブでピッチに登場した時や、些細なミスでも大ブーイングが巻き起こるでしょう。

本田の真意は分りませんが、ACミランの10番を付ける選手なのですから、これからはサポーターを大切にして、「声援」を「原動力」に変えて欲しいです。小学校からの夢だったセリエAの名門クラブでプレイする事は、ミランのサポーターも「チームメイト」と考えてよいでしょう。

何かとビックマウスで自分を追い込み、そして実力を発揮して実績も残してきた選手ですが、これからはサポーターと一丸になって、チームを常勝軍団へと導いてほしいです。