「キングカズ」三浦和良46歳。横浜Cで現役続行決定。

「キングカズ」三浦和良46歳。横浜Cで現役続行決定。
日本を飛び出し海外のトップクラブで活躍する選手や、サッカー界以外の大物達からも愛されるサッカー選手「三浦和良」選手が、J2横浜Cで契約を延長しました。ヒーロー「キングカズ」の現役続行にファンは歓喜しています。


昨年はリーグ戦に18試合出場し2ゴールを決めています。また11月に決めたゴールで最年長得点記録を塗り替えました。今年3月には47歳になります。

三浦和良(以下、カズ)選手は、日本人で初めてブラジルのクラブのレギュラーを手に入れた選手で有名です。カズはJリーグ発足当時、唯一海外クラブで実績を残していた選手でした。

日本では、ずば抜けた技術から、周囲の選手との連携が上手く行かず、「早すぎた天才」と呼ばれた事もあります。カズがいなければ、今の香川や本田、長友等の世界トップレベルのクラブに行く選手もいなかったでしょう。

Jリーグ発足当時、日本代表で世界に知られていたのはカズだけでした。カズだけ抑えておけば日本は弱いというイメージしかありませんでした。現在ではワールドカップ予選通過は当然のレベルになった日本代表ですが、カズが現役絶頂期には日本はワールドカップ予選通過すらしていません。

また、彼がサッカー界で好かれているのは人柄です。この年齢になっても20代の選手と同じ練習量をこなします。常にストイックであり、自分に厳しく他人に優しい事で有名です。彼のプレーを見て、プロサッカー選手となった人も多数います。

現役として何処まで彼がやれるのか、そしてやろうとしているのかも気になりますが、監督してのカズも見てみたいと願うファンは多いです。日本人選手が全く認知されていない中、単身ブラジルに渡り、挫折も知り、そこから這い上がってきた豊富な経験も、監督となった時に大きく活かす事が期待出来ます。