野茂英雄、秋山幸二、佐々木主浩氏が野球界殿堂入り

名誉あるプロ野球界殿堂入りが17日に都内、野球殿堂博物館にて発表されました。選ばれたのは、日本人メジャーリーガーとして初めて成功を収めた「野茂英雄」氏、他2名です。

現役時代、西武、ダイエー(現ソフトバンク)で活躍を納め、現在はソフトバンクの監督である秋山幸二氏。そして横浜ベイスターズ(現横浜dena)で「浜の大魔神」と呼ばれ呼ばれマリナーズにも移籍した佐々木主浩選手の3人が選ばれました。

以下、本人達の喜びの声、引用サイト

野茂英雄氏の話 「選ばれて驚いているし、うれしかった。近鉄1年目の初勝利のときとメジャーに上がった1試合目が一番の思い出。自分で自分の評価はそんなにしていないが、僕の試合を見て楽しんでくれたファンがいて、評価してくれているなら本当にうれしい」

秋山幸二氏の話 「殿堂入りはまだまだという気持ちでいた。がむしゃらに一年一年やってきた。多くの支えがあって野球人生を送ってこられた。人生一回しかない中で、野球しかやっていないし、それを認めてもらえてうれしい」

佐々木主浩氏の話 「こんなに早くもらえるとは。光栄なこと。抑え投手の励みにもなるのでは。メジャーではきついことばかりだったけど、いろいろ体験できたので、後輩たちに伝えていきたい。野茂君と一緒に入れたのは非常にうれしい」

どの元選手達も野球ファンならずとも名前ぐらいは聞いた事のある名選手ばかりです。野球界殿堂入りは一流の選手でも簡単には果たせません。彼らはその「一流の更に上」を行く選手達であるという事ですね。