皇帝「ミハエル・シューマッハ」覚醒へ

皇帝「ミハエル・シューマッハ」覚醒へ
F1好きでは無くとも名前だけは聞いたことがあるという皇帝「ミハエル・シューマッハ」は、昨年末頃スキー中の事故により、昏睡状態が続いています。ですが、シューマッハの医師から「覚醒状態に入った」という報道がされました。

しかし、この報道に対しシューマッハのマネージャーはあくまで「推測」であるとの見解を示しています。報道を行った「レキップ」は覚醒までに数日から、数週間かかるが、前向きであると医師が答えているとしています。

レキップよりも信頼出来るメディアとして認知されている「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」も同内容をレキップより先に報道していました。他、様々なメディアが「推測である」、「覚醒状態に入った」と報じていますが、真実は定かではありません。

シューマッハ全盛期はどのレースも圧倒的実力差で優勝を手にし、2位3位に位置付となる選手に対しても、余りにも速すぎるスピードで、誰も敵わないレーサーとして有名でした。

「ミカ・ハッキネン」以外は「ライバル」と呼ばれる位置に付く選手すらも居ない時代もあり、何年にも渡ってシューマッハはF1界の「皇帝」として君臨していました。

F1界の人気が低迷し始めてから、引退したシューマッハが戻ってきた事もありました。ですが、やはり全盛期の力を出す事は出来ませんでした。しかし、離れたF1ファンを一時的にでも取り戻した事は間違いありません。

日本でも有名なF1レーサーでは「アイルトン・セナ」のレース中の事故死が記憶にあると思います。あの時はもう、手の施しようが無い状態でしたが、シューマッハはまだ生きています。まだセナの居る世界に行くには早すぎるでしょう。