誰でも分かる。亀田ジム事実上閉鎖の件について

誰でも分かる。亀田ジム事実上閉鎖の件について
まずはこの記事を読んで下さい。 「話題の亀田問題について」

この経緯から、日本のボクシングを統括する組織「JBC」のトップである秋山氏や、他役員達によって亀田ジムに下された処分は「国内での試合は出来ない」という厳罰処分です。

簡単に言いますと、「亀田ジムの選手は国内で試合が出来ない」という事が決定しました。これは非常に重い厳罰処分です。なぜ試合が出来ないのでしょうか。

まず、試合を行うのに必要な「クラブオーナー」、「プロモーター」、「マネージャー」という3つのライセンスがJBCの判断により剥奪されました。これではもう国内での試合は不可能となります。国内で試合を行うのに必須のライセンスなのです。

穴として他のプロボクシングジムの試合に出させてもらう事が出来るのですが、「それも認めない」という形になりました。

また公式の試合ではなくとも、公の場での公開スパーリング(試合形式の練習)も許されなくなりました。結局、人の前で「ボクシング」が出来ないという事です。

また亀田ジムの選手が他のジムに移籍した場合は、国内での試合を認めるとしたものの、「実績」「信頼」「歴史」等、JBCが認める「名門ジム」でなければ「試合はさせない」としました。実際、何処のジムもデメリットしかない選手は受け入れないでしょう。

またライセンス更新不可期間は1年間とされていますが、1年後の更新も非常に難しくなりました。理由はライセンスを保持していない亀田三兄弟の父である亀田史郎氏にあります。

亀田史郎氏は実情、ジムの運営や試合を組んだりというJBCのルールに反した行為を行っていた点を指摘しています。

彼らはもう、「国外」で試合を行うしか無くなりました。事実上「亀田ジム閉鎖」です。今回の件で亀田ジム側は「北村晴男」弁護士を雇い、JBCと裁判で争うそうです。

秋山氏がこの様な大きな処分を行った理由は、今回のIBFベルト保持問題だけではなく、合計6回に渡る亀田一家関係の問題も踏まえてとしています。

「健全な運営をしない限りライセンスを与えることができない」と秋山氏は発言し、これからはJBCのルールも大きく変更していきます。

裁判がどうなるかは分かりませんが、長引けば長引く程、選手達にとっても不利な形にしかなりません。

「亀田三兄弟がまた表舞台に現れるのはいつになるのか」

それが現状です。