阪神が中日、川上憲伸獲得へ

阪神が中日、川上憲伸獲得へ

吉見、チェン等が活躍していた以前の、中日の絶対的エースであった
川上憲伸が10月3日に戦力外通告を受けて居た事が明らかになりました。
現役続行を望む川上に対し、獲得に動き出したのは阪神タイガースです。


今季は右肩の怪我もあり、登板数は5回。1勝1敗という成績に終わりました。
川上と言えば中日黄金期を支えた絶対的エースであり、川上、山本昌、朝倉という
3本柱の1人でもありました。

絶対的エースは2008年に大リーグのブレーブスに移籍し、メジャーでの戦績は
8勝22敗1セーブというメジャーの洗礼を受けて古巣である中日に戻ってきました。
しかし、今季は成績が残せず、球団からも戦力外通告を受けました。

そこで川上の獲得に名乗りを挙げたのが阪神タイガースです。
能見、藤浪、メッセンジャー、スタンリッジという強固な4本柱がありながら、
5番手、6番手の強化にも力を入れているようです。

そこで浮上したのが戦力外となっている川上です。今季川上が所属していた中日には
柱等存在していませんでした。Aクラス入り常連の巨人や阪神はやはり柱となる先発
ピッチャーが居ます。

川上は年齢こそ39歳と言えど、ストレートのMAXは150キロ手前。
強みはカットボールとシュートと言う高等な変化球。そして日本、メジャーで積んできた
経験があります。

来年からは懸念である右肩の故障も視野に入れながら、阪神は獲得に乗り出す方向の
ようです。全盛期の川上を知る人なら、是非とも常勝チームでの現役続行を望みたい所です。