DeNA中畑監督続投決定!戦力外から復活した選手達。

DeNA中畑監督続投決定!戦力外から復活した選手達。

今期のDeNAは良かったと思います。横浜ベイスターズから、
横浜DeNAになってからもダントツの最下位であったのが、今年のDeNAは違いました。
まず、他チームで戦力外になった選手を上手く起用したのが要因であると思います。

特に一番の活躍を見せたのは元中日の主砲であったトニー・ブランコ選手です。
彼も来日して中日に入団してから数年は、一発を持っている強打者でした。しかし、
「飛ばない統一球」になってから、ブランコ選手は低迷。戦力外を通告されました。

他にも巨人から戦力外通告を受けたラミレス選手。そして戦力外日本人野手で最も成績を残したのが中村紀選手です。彼は楽天から戦力外通告を受けた所を、DeNAに拾われました。練習環境も整っていない中、一流選手が公園で素振りをしたり、バッティングセンターでひたすら打撃に打ち込みました。

中村選手の野球に対する情熱はご家族も一緒で、必ず何処かの球団からオファーが来る事を信じていました。結果、ホーマー中村紀の復活がDeNAで果たされました。ラミレスは後半失速したものの、戦力外通告からの「意地」を見せてもらった気がします。

印象深いのは浜の番長事「三浦大輔」投手です。毎年「低迷」していく中、DeNAの打線はピーチャー陣を援護しました。投手がどれだけ打たれても、その分打者が取り返せば野球は勝てます。そんな野球をDeNAは見せてくれたと思います。

中畑監督はとても涙もろく情に厚い所があり、逆にそれがチームを駄目にしているという意見も多かったです。しかし、底まで落ちた選手は後は這い上がる事しかありません。打順やローテーション等の基本部分に拘ったのも中畑監督の采配と言えるでしょう。

続投はファンが望む所です。来年はAクラス入りも完全に視野に入っている事でしょう。