さようなら ミスターカープ前田智徳 孤高の天才

さようなら ミスターカープ前田智徳 孤高の天才
ミスターカープ事、前田智選手が最後の試合に出場しました。
8回に代打で出場した前田選手は、ピッチャーゴロに終わりましたが、
その後5年ぶりとなる守備にも付きました。


前田選手は日本が誇る天才イチローが褒めたたえる程の名選手です。
ご本人は引退に対する会見について、次のように述べました。

「何かありますかね。静かに私は途方に暮れたいんですけど…」

心境を尋ねられると、

「数々の先輩方を見送ってきて、次は自分と思ってやってきた。(あいさつで)本当はもっといろんな言葉をしゃべらせていただきたかった」

と、引退セレモニーで言いきれなかった事が沢山あった事を悔やまれてました。
ファンの大きな声援に対し、期待された通りにはいかなったけれど、それも自分の使命であり、そのような方面で選ばれた選手であると答え、取材陣に「みなさん、さよなら~」と答え、去って行かれたそうです。

前田選手は通算2119安打をマークしたミスターカープであり、カープファンにはあまりにも思い出が多すぎる程の名選手です。実力、人柄共に素晴らしい前田選手の引退を惜しむ声は多く、カープファンにとっては、寂しさが上回っていたと思います。

いつもはクールな前田選手も胴上げ時は微笑ましい笑顔を浮かべ、プロ野球選手としての最後の幕を下ろしました。また前田選手への花向けとしたのか、引退試合として対した中日の選手達は、明らかに意識してライト方向へ打球を飛ばしていました。広島ファンの間では感極まった方も数限りない事でしょう。

長い長いプロ野球の歴史の中、覚えていられる選手は極僅かです。その中でも前田選手はトップクラスの実力者であり、広島や日本の野球界に居なくてはいけない存在でした。他球団のファンからも愛される選手はそうは居ません。それが前田智徳という男であり、プロ野球選手です。

今まで本当にお疲れ様でしたした。数々の名プレーをありがとうございます。