星野監督 日本シリーズ「対巨人」への意気込み

星野監督 日本シリーズ「対巨人」への意気込み
先日楽天を日本シリーズへと導いた星野監督に日本シリーズにおける意気込みを聞きました。星野監督は2度リーグ優勝の経験がありますが、1988年には西武に、1999年には福岡ダイエーに敗れました。


阪神監督時代の2003年にもリーグ制覇を果たし、福岡ダイエーと日本シリーズを戦ったが、ここでも3勝4敗で敗れています。リーグ優勝は果たせても日本一を果たせていません。
本当に日本一には縁が無い監督だと思います。

そして星野監督と言えば対「巨人」に対する意気込みが違います。40代の若さで中日の監督になってからも対巨人を強烈に意識していました。

ロッテの落合博満に巨人が興味を示しているという情報をつかむと、大量出血を承知で、トレードを仕掛けて掻っ攫っました。

試合前に選手やスタッフが巨人の選手やコーチと私語をしているのを見かけると酷く叱りました。その様に常に対巨人への牙を磨いていました。ここまで徹底する人物はなかなか居ないでしょう。

巨人率いる原監督には、
「原監督は弟のような人物。彼がルーキーのときから知っている。だが、今や立派な大監督になった。決して社交辞令でなく胸を借りるつもりでいる」
と言うコメントを残しています。

今回の日本シリーズ1戦目は本人の意向も聞いてあえて則本、2戦目に田中を起用という星野監督。様々な思惑の中、星野監督の打倒巨人は、「楽天」で果たせるのでしょうか。

ジョーンズ、マギー、田中。他にも今回はここ一番に頼れる選手が沢山います。常勝巨人を倒して是非とも日本一になって欲しいものです。