日本シリーズ第3戦、杉内崩した楽天の勝利。

日本シリーズ第3戦、杉内崩した楽天の勝利。
1勝1敗。巨人のホーム東京ドームで対決を迎えた日本シリーズ第3戦。
巨人先発はエース杉内。楽天先発は田中、則本には及ばないものの6勝を挙げていた
美馬。予想では楽天絶対不利とされていました。


2回。杉内は2アウトから満塁というピンチを迎えます。
チャンスを作りながらも得点に繋がらない事の多かった楽天ですが、
2番藤田が杉内を捉え、一挙2点を獲得します。

続く3番銀次も、杉内のスライダーを捉え、更に2点追加。
2回にまさかの大量失点となってしまった杉内、プロ初の最短降板を告げられます。

その後、楽天の美馬は多種多様な変化球を駆使しながら、好リードの嶋と、三振、凡打の山を築きます。しかし6回にアクシデント。巨人阿部のピッチャー強襲が、美馬の足を直撃し、途中交代となります。

良い流れの中、2番手を告げられたのはレイ。9月半ばにピッチャー強襲で顔面骨折しながらも登板。2度の交代の場面がありながらも、レイを信じて投げさせた星野監督。途中代打矢野にホームランを打たれるも、その後も安定したピッチング。

途中でジョーンズにも待望の追加点が生まれます。楽天バッテリーを捕まえられない巨人打線は、9回に登場した地元東北出身の斎藤隆と対決です。

経験豊富な投球術で、見事に巨人打線を3者凡退に抑えました。
終わってみれば5-1で楽天の快勝。

星野監督は辛勝で終わった2戦目の監督インタビューで、
「ドームでは打線が爆発してくれると思います。」
と答えましたが、まさにその通りになりました。

楽天にとって非常に貴重な1勝となりました。
4戦目の先発は巨人ホールトン、楽天ハウザーです。

今日は楽天にとって大手がかかる大一番。巨人打線が目を覚ますのか、
それとも楽天の勢いが続くのか非常に楽しみです。